Change Your Web Life.

HOME > ホームページ制作 > SEOの概念 > SEOの3大要素

SEOの3大要素

ホームページ制作 大阪|SEOの3大要素SEO対策には、内部的施策(キーワード選定とサイト内テキスト,HTMLソースの最適化)と外部的施策(被リンクによる効果)があります。大きく「キーワード選定」「HTMLソースによる対策」「被リンクによる対策」の3つの要素に分けられます。

キーワード選定

ホームページ制作 大阪|キーワード選定検索エンジン最適化において最も重要な事は、キーワードを選定です。 キーワードを決定するに当たって、

・キーワードのクリック数
・最適化をする際の難易度
・ホームページに対する適合度

が重要な項目となります。
単純にクリック数が多ければ良いという訳ではなく、
それらのキーワードがいかにビジネスに直結していて、
購買意欲の高いトラフィックを獲得するかが重要になります。
(コンバージョン率が高いキーワードを予測、検証を行い設定する。)

検索エンジン利用率

検索エンジンを使用する約40%以上のユーザーは、複数のキーワードを使って検索しています。
何故このようなことが起こるかというと、ホームページ数の爆発的な増加に伴い、一つの単語では範囲が広すぎ効果的な検索が行えないからです。

例えばキーワードを「デザイン」としてもホームページのデザインなのか、広告のデザインなのか、
洋服のデザインなのか分かりません。
このような問題を解決する為に、現在多くの検索エンジンで「絞込検索」を提供しています。
「ギター教室」を例に取ると、一番重要なキーワードは「ギター教室」になります。
しかし、「ギター教室」だけでは適切なキーワードを選んだことになりません。
消費者はギターの中でも、どんなギターのレッスンを受けたいのか。地域はどの辺りの教室に通いたいのか。・・・等々多種多様なリクエストがあるはずです。
フレーズで検索をするという事は、より詳細にその情報を求めているという事です。それらのフレーズで誘導したユーザーは自然と購買意欲は高くなります。

ギター教室をサンプルでキーワードを挙げると、 以下のようなパターンが考えられます。

ホームページ制作 大阪|検索エンジン利用率 「ギター教室」
「エレキギター教室」
「アコースティックギター教室」
「ギター教室 大阪」
「ギターレッスン」
「ギターレッスン 大阪」
「エレキギターレッスン」
等々

単一のキーワードが重要なのは事実ですが、複数のフレーズを最適化したことによって、さらにフォーカスされたユーザーを獲得するチャンスが広がります。
弊社のSEOサービスはキーワード数の制限がありません。
ホームページの規模や業種、ページ数によって最適化可能なキーワードは大きく変わってきます。
ホームページに必要なだけのキーワードをご提案するのが弊社のSEOサービスです。

HTMLソースによる対策

ホームページ制作 大阪|HTMLソースによる対策検索エンジンのロボットは、ただウェブサイトをデータベース化するだけではなく、HTMLソースの中身を解析して、重要な要素にあるキーワードに重み付けを行います。HTMLの要素の中で重要とされているものには以下のようなものがあります。

* タイトル要素(title)
* 見出し要素(h1〜h6)
* 強調要素(strong、em)など

SEO対策の作業項目としては、上記のような要素の中に、上位表示を狙いたいキーワードを配置するということになります。
又、検索エンジンロボットは、HTMLソースの前(上の行)を重視する傾向があると言われています。そこで、SEO対策の作業としては、重要なキーワードはできるだけソースの前に配置するという対策がとられます。また、キーワードを入れた重要な要素をできるだけソースの前に配置するという対策も行われます。
近年「SEO対策ツール」など自社サイトのHTMLソースを最適化してくれる便利なツールも出ていますが、残念ながら万能ツールではありません。やはり一つ一つ手作りでソースの最適化を行わなければ、飛躍的な効果を望めないのが現状です。

被リンクによる対策

ホームページ制作 大阪|被リンク一昔前のSEO対策は、ホームページ内にキーワードを多めに適切に配置する内部的対策が主流を占め、ある程度の効果も出ていました。しかしながら、現在は良質で関連性の高いホームページから紹介されている(被リンクを受けている)と言う外部的要因もSEO施策の重要な要素になっています、もっとも効果が高いのは、SEO対策をする「キーワード」名で、「同じテーマ」の「良質」なサイトから、「テキストリンク」を受けることです。
又被リンク数が莫大で、その中に良質なサイトからのテキストリンクが多数あれば、キーワードやテーマが関係なくても効果が表れます。

被リンクによる施策の目安としてよく知られているのが、「Google ToolBar]をインストールする事で知る事が出来る「PageRank]です。
PageRankについては様々な要素がからみ、簡単には説明を行うのは難しい為、当サイトでは行いませんが、大雑把に言えば0〜10の11段階で表される人気投票だと考えて頂いても差し支えないと思われます。

質の高い被リンクを受けるためには、良質なサイトからのリンクが有効的ですが、相互リンクでは効果が薄く、一方通行のナチュラルリンク(自然リンク)でなければいけません。さらに、一方通行のリンクでもバナー広告からのリンクでは検索エンジンによっては有効とみなさず、テキストリンクのみが有効となります。
また、いくら良質サイトからリンクをもらっても、関連性がまったくないサイトからの被リンクはほとんど効果がありません。
したがって、「良質」で「関連性のある」サイトから、「一方通行のテキストリンク」を受けることができれば、確実に効果が高くなります。

「良質」なサイトとは

「良質」なサイトとは、検索エンジンによって判断基準が若干異なりますが、具体的には以下の通りです。

・ページランクが高いサイト(グーグルのみ)
・ヤフーカテゴリに登録されているサイト(ヤフーのみ)
・開設年が古いサイト
・更新を頻繁に行っているサイト
・外部リンクが少ないサイト
・良質なサイトからリンクを受けているサイト

上記の様なホームページからの被リンクを受ける為にも、貴社のホームページ自体が、その様な条件を満たしていると判断される運営を心がけなければならないと言う事です。

お問い合わせフォーム

株式会社ウェブストロール
〒537-0024 大阪府大阪市東成区東小橋2-8-8 扶桑トラスト21 4F
Mail:info@web-stroll.com
TEL:06-6990-2188/FAX:06-6990-2177

Copyright (C) 2007 Web Stroll. All Rights Reserved.