Web制作サービス

はじめてホームページの制作をご検討の方、ホームページのリニューアルをお考えの方 その他、各種制作、システム開発をご検討の皆様へ。

W3C準拠

Webに携わっていると“W3C”という言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。
今ではウェブサイトの構築はW3C標準準拠が当たり前という流れになっています。

では、W3C標準に準拠する主なメリットとしては、

検索エンジン最適化(SEO)

W3Cに準拠したサイトにすることで、検索エンジンが読み込む部分(HTMLソース部分)を明確にすることで、ページ自体を検索エンジンからみて読みやすい作りになります。

アクセシビリティの向上

W3Cに準拠することで、取り組みや更新性の向上など、SEOと親和性の高いホームページを制作することができます。

データ軽量化による読み込み時間を短縮

XHTML+CSSで構成されたWeb標準のソースは、表示に時間がかかるといわれるtableタグでレイアウトを行わないため、ファイルサイズが軽量化され、サイトの表示速度が向上します。

メンテナンス性の向上

W3Cに準拠したサイトにすることでブロック単位で構造化されたソースコードは、メンテナンス箇所が明確になり、更新作業・チェックが容易になります。
また、更新頻度の高いサイトは検索エンジン対策にも効果的です。

などが挙げられますので、可能であれば運営するウェブサイトは必ずW3C標準に準拠させることをお勧めいたします。

Copyright (C) 2019 Web Stroll. All Rights Reserved.